白猫の部屋

塗り絵など趣味についてのブログ

まずはシェアハウスで「一人暮らし能力」を身につける

友達からシェアハウスに誘われたけど断った話

昔、オタク友達からシェアハウスに誘われたことがあります。
当然、彼女の部屋を下見することになった…けど

部屋に入った瞬間…ヤバい!と思いました。

ゴミの分別ができていないから生ゴミ臭い!
燃えないゴミと生ゴミをごっちゃにしてるし、食べ物の容器を洗わずに入れてるからゴキブリのフンが散乱!!

(°Д°;)ムリムリムリ!!

さらに山積みにされた同人誌やアニメグッズ
それだけで部屋を圧迫しているのに、腐女子な彼女はそれらを捨てる気もなし
着なくなった服も整理できていないから部屋は樹海状態

まさに片付けができない典型的な汚部屋女子(^_^;)

なんでも近くに住んでる家族に定期的に片付けや料理をしてもらいに来てるらしい💧
そんなんだから家事能力なんか培われるわけがない!
そこでシェアハウスをして、家賃と家事負担を減らしてやろうという魂胆がみえみえだからイヤらしい

つまり家政婦探しをしてたわけですよ( ´_ゝ`)

もちろん断りましたw
それでも本人は一人前に“自立してる”と勘違いしてるから痛いとしかいいようがない

一人暮らしをしているとシェアハウスに誘われることがあると思うけど、相手を慎重に選んだほうがいいです。
単純に家政婦を探しているだけの人もいるので(--;)
仮に自分の足りない部分を補うために誰かと暮らそうと思うと、自分も相手に何か提供しないとうまくいかないと思います。
例えば、片付けが得意だけど料理が下手だったら逆の相手を探す。そうすれば相手から料理の方法を学ぶこともできます。
その方法で“一人暮らし能力”をアップさせてる強者もいましたw
一人暮らしの前準備にシェアハウスを利用するのもありだと思います。

彼女とは疎遠になったので、今どうしているのかわかりません。
相変わらずアニメイトとらのあな でアニメグッズや同人誌を買いあさって部屋を汚部屋にしているのか、結婚してうまく家庭生活を営むことができているのか謎です。あのままだと離婚は確実でしょう…

ある程度の家事能力や生活力がないと、シェアハウスも一人暮らしもできないのは確かです。シェアハウスをして他人から学ぶチャンスも失っているということです。
そうならないために、子供の時から親の家事を手伝ったり こづかい帳をつける習慣を身につけることが大事だと思いました。

#私の一人暮らし

はてなブログでCHINTAI特別お題キャンペーン「私の一人暮らし」
Sponsored by CHINTAI