白猫の部屋

塗り絵など趣味についてのブログ 映画や読書の感想

アイ トーニャ!

人生にはそれぞれの真実がある
人生は勝手に転がってゆく

f:id:Ninax:20190509165842j:plain

トーニャが最後に語った言葉
人生、輝かしい時は一瞬で、転落し始めたらどうにもならないという事実
特にトーニャのように労働者階級で親族にマシな人間がいない場合、それが如実で転落したら自分を見せ物にしたり何でもするしかないというキツい現実が待っている。
これがセレブのお嬢様だと適当なところで金持ちに嫁いだり、なんちゃって事業でもするんだろうけど…

トーニャの通うスケート教室の子供達なんか毛皮のコートを着て来ることが当たり前で、トーニャは父親が仕留めたウサギで毛皮のコートを作るのがやっとの家庭💧
それは大人になっても変わらずで、衣装を買うお金がないから自分で全部手作りして大会に出場していた!しかし、その衣装も審査員にバカにされてしまう😢

更衣室に帰って審査員に対する不満と衣装が買えない不満をコーチにぶちまけるトーニャ
それを聞くゴージャスな毛皮を着たコーチのダイアナ…嫌味か!
もう富裕層と貧困層の絶望的なまでの壁をこのシーンで感じてしまう(-_-;)

母親ラヴォナも典型的な毒親で暴言、暴力の虐待は当たり前
娘を励ましに来たのかと思ったら、ボイスレコーダーを仕込んで事件のことを聞き出そうとするゲスっぷりを発揮!母性本能やら母性愛なんざ幻想だと思い知らされる自分勝手な女です。

そんな毒親に育てられたトーニャは、DV男のジェフと結婚します。そして、その友達のショーンもどうにもならないクズ
→映画だとこの男がナンシー・ケリガン襲撃事件の主犯ということになっています。

登場人物でまともそうな人間はコーチのダイアナぐらい…

人付き合いをしていくと、なんとなく自分のマイナスな部分が似ている人と会うことがあります。
そして、そういう人間とは馬が合うことが多いはず。でも、そういう関係は悪い部分を改善することなく、事態をますます悪化させることもあります。
ナンシー・ケリガン襲撃事件はその集大成のような気がします。バカが集まったらある意味、最強!

親から受け継いだDNAもさることながら、産まれた環境がマイナスだとまともな人間すら選べなくなるのか。プラスな経験が多いと自分にプラスになる人間しか選ばないけど、トーニャのようにマイナスな経験が多いとそれを共有して共依存のような関係しか築けなくなる。そして、ますますドツボにはまる。しかも、アルコールやタバコの依存症のようになかなか治らないから厄介。
母親と娘の関係に焦点を当てると、ただのおバカなフィギュアスケーターの物語とは言いきれないです。

今では当たり前になったホップな演技と曲を取り入れるなど、トーニャの先見性にも感心させられます。彼女のスケートへの情熱と才能は本物だったはず。
結局、自分のまわりにゴミを置くようなことをして、才能も将来も腐らせてしまいました。人間関係について考えさせられるいい映画だと思います。

とりあえず、DV男と毒親はさっさと断捨離しよう!

ファントム・スレッド

令和時代がとうとう幕開けしました🎊
次の元号まで生きているかどうかわからないけど、大好きな映画や漫画をこれまで通り楽しんで生きていきたいと思います!

令和最初のGWに観た作品「ファントム・スレッド
f:id:Ninax:20190508230159j:plain
舞台は1950年代のロンドン

簡単に言えば、冴えないウェイトレスのアルマとファッションデザイナーのレイノルズが出会って運命の歯車が狂い始める物語

※ネタバレ含む


田舎娘のアルマがレイノルズによって洗練された女性に成長していくまではいいけど…
所詮は田舎娘、食べ方が汚い、食器を使う時の音がうるさい。洗練されたマナーが身についているとはいえない有り様。こういうところに生まれが出るからキツい💧
その姿に嫌気が差したレイノルズは、いつも通り姉のシリルに頼んで別れるように仕向けてもらおうとします。
※レイノルズは付き合っている女に興味がなくなると、いつも姉に協力してもらって別れることを繰り返していた(クズすぎる)

最初はラブラブだったのに冷たくなっていくレイノルズとの関係にアルマは不安になります。
彼女が思いついた作戦は毒キノコを食べさせて、レイノルズを半殺しにすること🍄レイノルズは毒キノコのおかげで嘔吐しまくり🤢生死をさ迷うことに
しかも、アルマの目的はただの憂さ晴らしではなく、弱ったレイノルズを看病して自分を“必要な存在”だと思わせること😨!
作戦は見事に成功し、二人はゴールイン⛪

なんだこれは!下手なホラー映画より怖ええっ!!

「男に尽くす女」ってのはなんでこんなにも面倒くさいんだ!
とりあえず慰謝料もらってサイナラ、仮面夫婦で上等、そういう女のほうがサッパリしてていいぞw
尽くす女が面倒くさいところは相手に“気持ち”という見返りを求める、“愛”という名の押し付けをする、この二つだと思います。
アルマもそれをしてレイノルズに嫌われてしまいます。女がやってしまいがちな過ちをしまくるアルマ、心の狭いレイノルズ、もうどっちもどっちな感じ…

結婚したのはいいけど、二人の仲はまたギクシャクし始めます。レイノルズは結婚したことを後悔するように。
高級ファッションの華やかな世界とアルマの夢見る生活臭のする“幸せな夫婦生活”は対極な存在です。
姉シリルに支えられながらレイノルズは自分の美の世界観を築き上げ、それを守ってきました。繊細で神経質な性格じゃないと上級な奥様方が満足するものは作れなかったでしょう。そこでは生活臭は邪魔でしかないのです。

アルマは再び毒キノコを作ってレイノルズを半殺しにしようとします🍄
毒キノコオムレツを楽しそうに作るアルマ…そして、それを知りながら食べるレイノルズ!?

なんだこれは!新たなSMかい!!

毒キノコを食べて看病されてから何かに目覚めてしまったレイノルズ…もはや女王様に調教された犬のような男になってしまいました。
アルマの凄いところは、これまでの女のように簡単に捨てさせなかったことと、レイノルズを逃がさず上手く調教したことです。
ある意味、女の鏡だ!アルマ(;´∀`)

レイノルズは母親が再婚で着るウェディングドレスを作った過去があります。そこから彼のデザイナーとしての人生はスタートしました。
どうやら母親は出ていき、姉に育てられたようです。アルマに看病されるなかで母性を感じたのではないでしょうか?

さらに仕事も陰りがみえるように…
1960年代はオートクチュールから既製服が主流の時代になり、流行も目まぐるしく変わるようになっていきます。
時代の流れと老い、レイノルズのデザイナーとして人生も危うくなり始めていました。
そこにアルマの“母性愛”、弱くなった自分をさらけ出して癒して欲しいと思うようになっても無理はないのかも。

アルマの独占欲とレイノルズのマザコン願望、お互い叶えられてメデタシ、メデタシな内容でした。
ファッションの世界を描いた話でもあり、素朴で冴えない田舎娘が夢を叶えていくストーリーでもあります。
ありふれた恋愛話より、よっぽど役に立つ映画だと思います。彼氏を落としたい人はこれを見たら参考になるかも…
男性諸君も「尽くす女」って可愛くていいとか思うかもしれないけど、そういう女はアルマみたいに実は「男をコントロールして意のままに操りたい」願望が強くて、自分の夢を叶える為に何でもしちゃう怖い女かもしれないことをお忘れなく!

結婚前や新婚ホヤホヤのカップルが観たほうがいい映画だと思います👰
もうすぐジューンブライドだしね♥️


気になる相手は弱らせてから落とせ🍄

「ビッグアイズ」と孤独な子供時代

f:id:Ninax:20190115141143j:plain

1960年代に大ブームになった絵とキーン夫妻の物語

妻のマーガレットは才能はあるけど商才はない、夫のウォルターは才能はないけど商才はある

ウォルターは
「女は舐められるから自分が描いたことにしたほうがいい」
とマーガレットをなだめて絵を“自分のもの”にしてしまいます。彼女が得るはずだった名声や富を独占していきます。

芸術的なレベルの虚言癖こそ彼の武器。とにかく話をでっち上げるのが上手い。そして、パフォーマンスも大げさで押しも強い、営業や詐欺師としては一流です!

絵は金持ちがリビングに飾る物だった時代に、ポストカードやポスターを量産して一般庶民でも手に取れるようにしたことも、この絵が流行した要因だったようです。

絵が売れるにしたがって、ウォルターは自ら築き上げた虚像を死守することに腐心していきます。
子供に母親が絵を描いていることを内緒にしたり、妻から友達を遠ざけたり見事なDV夫に成り果ててしまいました。
皮肉なことに絵も売れるほど、「安っぽい」と酷評されるようになっていきます。

そして、最後は妻に嘘をばらされてあっけなく撃沈してしまいます。その後、極貧生活のなか死亡。口先男として哀れな末路を歩むことに

しかし、惚れた男にとことん尽くして言いなりになってしまうマーガレットもある意味、病的な人間です。
ウォルターの幼少期も明るい感じがしませんが、マーガレットも子供時代に何か問題を抱えていたような雰囲気がします。影のある者同士が惹かれ合って、最悪な結末になってしまったんだと思います。
→もしかしてアダルトチルドレン

映画のなかで最初に絵を買ったマダムの言葉がとても印象的でした。

マダム「ねぇ、この子見てよ。なんだか凄く悲しそう…」

男「貧しくて?」

マダム「孤独だからよ」

このマダムは絵の女の子に昔の自分を重ねたんでしょう。一見したら派手で社交的でも心のなかは孤独なままなんだと思います。人はどんなに綺麗な絵でも自分とシンクロしないと惹かれないものですから。
酷評する人間もいたけど、マーガレットの作品にはそれなりのパワーとメッセージ性があったんだと思います。

商売としての絵、精神としての絵
両方とも見れて楽しい映画でした。

60年代のファッションやインテリアもこの映画の見所
かわいい(*^^*)

f:id:Ninax:20190115141208j:plain

f:id:Ninax:20190115141230j:plain

しかし、気になるのは娘との関係
娘より男を優先したり、新興宗教(エホバの証人)にハマったりと…このあとグレてなきゃいいけど(^_^;)

「いのちの電話」で爆死した話

かなり前、上司からのパワハラや鬱に悩んでいた時、「いのちの電話」に電話したことがあります。
なんとか繋がったと思ったら出てきた相談員がハズレ過ぎた!

「もしもし」
相手は話し方も甘ったるいいわゆるセレブな奥様のようでした。

このオバチャンで大丈夫か?と思いながら、上司にパワハラを受けて精神的に参っていることを一通り話しました。
案の定、嫌な予感は的中しセレブなオバチャンの発した言葉は
「それはアナタの努力不足じゃないの?」
私もムカッときてついつい
「失礼ですが、あなた働いたことありますか?」
と応戦してしまいました。キレたマダムは
「そんなこと関係あるの?そんな態度だからアナタ、ダメなのよ~」

その言い方、働いたことなんかないだろうな( ´_ゝ`)

ブツブツ小言をいい続けてるオバチャンを無視して電話を切りました。

腰掛け程度で働いて(もしくは卒業後に)、結婚してずーと専業主婦。旦那の金で不自由なく暮らして、旦那が定年退職して子育てが終わって暇だからと変な正義感をかざして何かをし始めたような団塊世代マダムにそもそもパワハラとか理解できるわけないですよ。さらに自分の価値観こそが正しいと言わんばかりに相手を批判してくる人種と話しても時間の無駄です。

こういう人は生死に関わる深刻な電話の相談員をするもんじゃないと思います。
声はその人の人生が反映されていますね。重みのない甘ったるい声には不向きです。もっと人選には慎重になってもらいたいです(-_-;)
なかには何もかも失って自殺する寸前の人もいるかもしれないのに…

クジ運も悪いけど、相談員の運もないとは…その日はやけ酒を飲んだことを覚えています。
ちょうど正月が終わった今ぐらいの時期だったなぁ

それから「いのちの電話」の類いには電話したことがありません。
こんなに相談員を外したことがある人なんているんだろうか
(´д`)ふー

映画「カノン」はアダルトチルドレンの物語②

f:id:Ninax:20190110192259j:plain

佐々木希のドレス姿が可愛かった😍

この映画の良かった点はACで悩んでいた登場人物達がそれを克服していくところにあります。

姉妹で旅をすることで母親の過去と自分達がそれなりに愛されていたことを知り、己を取り戻していく過程が素晴らしいと思います。

その象徴が三人で習っていたピアノです🎹
次女の結婚式でカノンを弾くことになり、三人でそれぞれ練習を始めます。
酒をゴミ箱に捨てる三女、旦那と別れを決意する長女、過去を捨てて未來を見るようになったシーンが印象的でした。

まさに、アダルトチルドレンからの回復を理想的に描いた映画です。

この映画から学んだこと
アダルトチルドレン同士は惹かれ合う、そしてアダルトチルドレンを量産してしまう
アダルトチルドレンの世代連鎖は強烈
子供をアダルトチルドレンにしたら、そのツケをいつか払わされる
一旦、思い込みを捨てて調べてみる探してみることも大事
迷ったら好きだったこと、やりたかったことをして自分を癒して取り戻していくことも必要

昔は洋画や海外ドラマが大好きだったけど、最近は邦画も面白く思えるようになりました。
これも時の流れなのかしら\(^o^)/ウホッ

映画「カノン」はアダルトチルドレンの物語①

久しぶりに泣いた邦画😢

f:id:Ninax:20190110132654j:plain

育ててくれた祖母が死んだ後、三姉妹が自分探しと母親の過去を知る旅に出るという話
話の内容はシンプルだけど、この映画の面白いところはアダルトチルドレンの要素が所々にあるということ

アルコール依存症の母親に育てられた三姉妹それぞれにアダルトチルドレン(AC)の特徴があり、そのせいで生きづらさを抱えています。

長女(紫)はとにかく謝る性格、謝ることで母親をなだめ、妹達を守りながら成長しました。その悪い癖が出てDV夫の言いなりになっています。夫は妻の失態をノートに書かせて自尊心を踏みつける陰気な調教をしていました(会社の反省文のようなもの)
この夫も実はACではないかと疑っています。ノートに書かせる嫌がらせも親にやられたことでは?ヒステリックで過干渉な母親か父親に育てられた感じがします。最後にタクシーを追いかけてくる姿も尋常じゃない(°Д°)!
こういうDV男の厄介なところは奴隷になってくれそうな相手を見つけることが上手なところですね。ACを抱える女性はいいカモにされやすい典型的な例だと思います。

次女(藍)は教師をしていて彼氏もいて一見、順風満帆に見えますが、火事の時のトラウマに苦しめられています。火事になったときアルコール中毒の母親を見捨てようとしたこと、そんな薄情な自分は幸せになる資格も価値もないと思い込んでしまっています。

三女(茜)は祖母の旅館を継いだもののストレスからアルコールに頼るようになってしまいます。お姉ちゃん達は好き勝手して、自分は旅館を押し付けられて損をしていると思っています。終盤はDV夫から長女と子供達を助け出すなど、祖母譲りの肝っ玉っぷりをみせてくれますw

姉妹の両親もアダルトチルドレン
母親は仲居をしていて旅館の専務をしていた父親とデキ婚しました。家庭は貧乏で愛情も注いでもらっていたような様子もありません。
父親のほうは母親(三姉妹の祖母)の先回りやレールを敷いた人生を歩まされていることに悩んでいるようでした。そのせいで無気力で少しでも理解のある異性に依存しやすい人物に思えます。案の定、他に女をつくってその相手と入水自殺しようとします。
祖母は父親の絵の才能についても酷評し、母親についても葬式で止めを刺すようなことを言ってしまいます。旅館の女将をやっているだけあって性格がキツい!
旅館の跡取りとして育てられたせいか、旦那がいないから力んでしまっていたのかわかりませんが、人の気持ちを理解することが苦手で自分の考えを押し付けてしまうところがあります。
三姉妹を育てたり、アルコール依存症の嫁の面倒をみたりと面倒見のいいところもありますが、このアダルトチルドレン物語の原点は祖母だと思っています。
父親を立派なAC男にした張本人で、裏切られた母親を慰めるどころかダメ出しして突き放した人間です。後から優しい言葉をかけられても嘘くさくて信用できないし、簡単に助けを求められないと思います。母親が孤立するきっかけを作ったのも祖母ではないでしょうか。アルコール依存症になった母親と育児放棄された子供の面倒、結局は今までしてきたツケを払わされただけだと思いました。

う~ん、親子関係は難しい(´д`|||)

解毒

今週のお題「2019年の抱負」

f:id:Ninax:20190110130959j:plain

とにかく解毒したい!

①住環境の解毒
去年から続けてきた断捨離を今年もやる
そのなかに風水も取り入れたい🔮

②体の解毒
生活習慣の見直し
運動と食事にもっと気をつかって解毒
便秘解消(^_^;)

③気持ち、人間関係の解毒
今ある人間関係の見直し
自分の気持ちの整理

2019年も頑張って生きます🌱